中絶相談・母体保護手術

当院で行う手術について

当院で行う手術について

中絶手術・流産手術をご希望の方へ。当院では掻爬法に加えて、子宮内膜を傷つけにくい手動真空吸引法を採用しております。

手術は全身麻酔下で行いますので、痛みが心配な方も安心です。日本麻酔科学会認定指導医の院長が適切な麻酔管理を行います。

手動真空吸引法

手動真空吸引法とは

子宮内容物をかき出す掻爬法に対し、手動真空吸引法は専用キットを使って子宮内容物を吸引して除去する方法です。子宮内膜が薄い方も安心して処置を受けていただけます。

メリット

  • 子宮内膜を傷つけにくく、穴が開くリスクを抑えることができる。
  • 次の妊娠への影響を残しにくい。
  • 毎回新しいキットを開封して使用するため衛生的。

リスク・副作用

  • 週数によっては適用できない場合があります。

手術の流れ

  • 1事前診察・術前検査

    手術をご希望の方は、まずは事前診察と術前検査を受けていただきます。
    中絶の場合:採血(血液型、感染症の有無、貧血など)
    流産の場合:レントゲン、心電図など

  • 2来院

    手術当日は8:30頃までにご来院いただき、子宮の入り口広げる処置を行います。

  • 3手術の準備

    手術の前に全身麻酔の処置を行います。

  • 4手術

    キットを使って吸引します。

  • 5手術後

    手術が終わったら、麻酔から目が覚めるまで院内でお休みいただきます。

  • 6ご帰宅

    休憩後、14:00〜15:00頃にはご帰宅いただけます。手術後は処方されたお薬を服用してください。

  • 7再診

    経過を確認するため、手術翌日と1週間後に再度受診してください。

注意点

  • 食事は前日の21:00までに済ませ、それ以降はお水を飲むだけにしてください。
  • 入浴は1週間後の診察後から可能です。それまではシャワーだけにして、入浴は控えてください。

費用(税込) ※自費診療

人工妊娠中絶手術 145,000円
掻把法 130,000円

※流産の方は保険適用となります。

お身体の不調を感じたらまずはご相談ください

女性の身体や心に起こる悩みや不調を、女性医師の視点から克服するお手伝いをいたします

page top