乳がん検診

こんな方におすすめします

  • 40代以上の女性
  • 乳首、乳房、わきの下にしこりを感じる
  • 左右の乳房の大きさや形が変化した気がする
  • 乳首にただれ、ひきつれ、へこみがある
  • 乳がんのセルフチェックで心配な点がある
  • 過去の乳がん検診で異常が見つかったことがある
  • しばらく乳がん検診を受けていない

当院の乳がん検診は、マンモグラフィ検査を中心に、必要に応じて超音波検査も実施しております。

マンモグラフィ検査

マンモグラフィ検査とは

マンモグラフィ検査とは

乳房専用のX線装置で撮影して乳がんを見つける検査です。検査の精度を高めるために、乳房を挟んで強く圧迫した状態で撮影します。患者さま自身や医師の手の感触では見つけられないようなしこりや、乳がんのサインとなる石灰化した病変を見つけるのに適した検査です。

撮影時は、乳房を片方ずつ台にのせて圧迫板で挟み、2方向から撮影します。圧迫時に痛みを感じることがありますが、乳房をなるべく平たくして乳腺の重なりを減らすことで、検査の精度が高まります。

当院の院長、副院長は日本乳がん検診精度管理中央機構の検診マンモグラフィ読影認定医です。マンモグラフィで撮影した画像から正確な所見を得て、早期発見・早期治療につなげています。

メリット

  • 乳がんの死亡率を下げる効果が科学的に証明されています。
  • 乳房の良性疾患なども発見できます。
  • 撮影した画像が残るため、過去の検査と簡単に比較できます。

デメリット

  • X線による放射線被ばくがあります(微量のため健康に影響を及ぼすような量ではありません)
  • 乳腺の重なりを少なくするために乳房を圧迫します。このとき痛みを伴うことがあります。
  • 若い年代で乳腺が発達している方は乳がんを判別しにくいこともあります。

注意点

  • マンモグラフィ検査は、乳房を挟んで行うため、以下の方は受けられません。
    妊娠中、妊娠の可能性のある方
    授乳中の方(気になる症状があるなどの方はご相談ください)
    豊胸手術をされた方
    ペースメーカーやシャントなど、胸に医療機器を入れている方
    胸部に怪我をされている方
  • 四十肩・五十肩等で腕が上がらない方、背中が曲がっている方は検査を実施できない場合があります。

超音波検査

超音波検査とは

超音波検査とは

当院の乳がん検診はマンモグラフィ検査を基本としておりますが、必要に応じて超音波検査を組み合わせることでより正確な診断ができます。超音波検査は、左右の乳房に超音波を当てて病変がないかチェックします。患者さま自身や医師の手の感触では見つけられないようなしこりや、しこりが良性か乳がんかを判断するのに役立ちます。

仰向けに寝た状態で左右の乳房にプローブと呼ばれる機器をあてながら、超音波の反射から乳房の中の様子をモニターで確認します。

メリット

  • 良性腫瘍と乳がんを見分けるのに役立ちます。
  • 検査中にほとんど痛みを感じることがありません。
  • マンモグラフィと違って被ばくの心配がありません。
  • 乳腺が発達していてマンモグラフィでは正確に診断しにくい若い世代の方も受診できます。

デメリット

  • マンモグラフィと違って、石灰化した病変を見つけにくいです。

検査時の痛みが心配な方へ

検査時の痛みが心配な方へ

乳がんを見落とさないよう、より見やすいマンモグラフィの画像を得るには、乳房を挟んで強く圧迫する必要があります。「マンモグラフィ検査=痛い」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

当院のマンモグラフィは、患者さまの負担をなるべく軽減するために、検査時の痛みを軽減した機械を導入しております。検査の性能面でも、がんのサインである石灰化した病変を発見しやすいという特徴があります。

乳がん検診を初めて受診する方、過去の検査の痛みがつらかった方は、ぜひ当院までご相談ください。

乳がん検診をご希望の方へ

  • 八千代市乳がん検診の受診券をお持ちの方は、予約システムでの予約が必要となります。下記バナーより予約をお願いします。インターネットで予約できない方はお電話にてお問い合わせください。
  • 市の検診の受診券をお持ちでない方も、下記バナーよりご予約ください。問診の内容によってはマンモグラフィ検査を行わない場合もございます。ご了承ください。

お身体の不調を感じたらまずはご相談ください

女性の身体や心に起こる悩みや不調を、女性医師の視点から克服するお手伝いをいたします

page top